【外壁塗装の定番といえば】「シリコン系」塗料 | 外壁塗装はなぜ必要?放置しておくと取り返しのつかないことにも
外壁塗装

【外壁塗装の定番といえば】「シリコン系」塗料

シリコン系塗料

塗料の主成分にシリコンが用いられている「シリコン系」は、コストパフォーマンスに最も優れた塗料です。
登場して以来、ウレタン系塗料を上回る人気を誇ります。
近年では、外壁塗装に最も用いられている塗料になりました。

シリコン系塗料の価格は、1平方mあたり3,000円程度、耐用年数は15年程度となっています。

特長は耐久性が高く耐候性にもすぐれていることです。
光沢もありますから仕上がりもなかなかのもので、メリットの多い塗料といえます。
ウレタン系など安価な塗料をつかって、外壁塗装をこまめにするというのも楽しいですが、経済的にすぐれているとはいえません。

そこで外壁塗装を一度おこなってしまったら、15年程度は持ってくれるシリコン系塗料。塗料自体の価格もそれほど高くはありませんから、おすすめといえるのです。

ただ、シリコン系塗料の問題点はツヤ消しといった、より高級感のある仕上がりになるバリエーションが少ないことです。
新築時には落ち着きのあるサイディングを選んだのに、外壁塗装をおこなったら全然イメージが違う仕上がりになったということにもなりかねません。

コストパフォーマンスに優れていて、広く使われているからシリコン系を選ぶ。
こんな安易な塗料の選び方をせずに仕上がりのイメージまで考えて、外壁塗装をおこなうこと、あらかじめ外壁塗装の業者との、綿密な打ち合わせが大切になります。

  • フッ素系塗料

    【近年は住宅にも使われています】「フッ素系」塗料

    商業施設やビル、例えば、東京スカイツリーやレインボーブリッジなど、大規模すぎてメンテナンスを頻繁におこなえないというケースで用いられてきた塗料が「フッ素系」塗料で…

    詳細を読む

  • シリコン系塗料

    【外壁塗装の定番といえば】「シリコン系」塗料

    塗料の主成分にシリコンが用いられている「シリコン系」は、コストパフォーマンスに最も優れた塗料です。登場して以来、ウレタン系塗料を上回る人気を誇ります。…

    詳細を読む

  • アクリル系・ウレタン系塗料

    【塗料の選びかた】安価な「アクリル系」塗料・「ウレタン系」塗料

    外壁塗装に用いられる塗料には何種類もあり、それぞれ価格も特性も違うものです。それらを理解して、外壁塗装の検討をしなければなりませんし、外壁塗装の業者と打ち…

    詳細を読む