葬儀の主流「家族葬」のメリット・デメリットについて

葬儀

伝統的な葬儀に変わる新しい葬儀

家族

今の日本では、大勢の人を呼んで何日も葬儀をするそんな伝統的な葬儀に変わって、直葬や家族葬、1日葬などの新しい葬儀が増えています。
これら新しい葬儀が今までの葬儀と違う点は、それは参列者が少ない上に費用が大幅に節約できるところです。

大勢の人を呼ぶ伝統的な葬儀の場合、葬儀費用が200万や300万かかることがよくありますが、新しい葬儀の代表である直葬の場合、20万円もあれば葬儀を行うことができます。もっとも、直葬には葬式的なことがほとんど出来ないというデメリットがあります。なので、直葬を選ぶかどうかはよく考えてから決めるべきでしょう。
同じ新しい葬儀でも家族葬や1日葬の場合、小規模とはいえきちんとした葬式なので、きちんと故人を見送りたい人のニーズに答えてくれます。

これらの新しい葬儀は、安い上に手間も取られず葬儀が出来るので、都心部を中心に今どんどん広がっています。まだ田舎の方では、伝統的な葬儀が幅を利かせていますが、このままいくと都心部の葬儀の大半が家族葬などの新しい葬儀になることでしょう。

ちなみに、家族葬の場合費用は40万円から50万円ほどで、1日葬の場合20万円から30万円ほどでできます。安さという面では、こちらの方が従来の葬儀よりはるかに優れています。
よって、経済的に苦しい人や葬儀にお金をかけたくない人なら、迷わずに家族葬などの新しい葬儀を選ぶべきでしょう。