葬儀の主流「家族葬」のメリット・デメリットについて

葬儀

初めての葬儀参列はどのように行うのか

葬儀に参列する男性

葬儀は人生の中でも、そうそうあるものではありません。数回出席するぐらいの儀式ですので、初めての方は何をどうすればよいか迷ってしまうこともあると思います。
そのような方のために、葬儀で悩みやすい代表的なものを挙げ、それの対処法をご紹介します。

香典

葬儀場へ行く前に香典を用意しましょう。
香典は、ふくさに包んでください。ふくさの色は、グレーや紺などの目立たない色の小さな風呂敷に問題ありません。

香典袋に関しては、種類はありますが、相手の宗派が分からない場合もあるかと思いますので、「御霊前」と書かれたものを使用するようにしましょう。
気になる金額のことですが、職場関係なら5千円から1万円、叔父や叔母なら1万円から3万円、兄弟や姉妹なら3万円から5万円の香典となります。あくまでこれは一般的な金額となります。

また、「新札」は避けてください。最近は新札でも良いとされるようになってきましたが、新しい習慣に馴染めない方もいるため、新札の場合は一度折り目をつけるように対処してください。

受付

葬儀場に訪れると、関係者別に受付が分かれている場があるので、自分と故人との関係の列を間違えないように注意して並びましょう。このとき、バックなどからふくさに包んだ香典を出し、自分の番になったらふくさを開いて受付係に両手で手渡します。
一言お悔やみの言葉を述べ、芳名帳に記帳してください。

焼香

会葬者が多い場合、焼香の列が長くなります。前の人に続いて、あまり間隔を空けないように進みましょう。焼香は、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、額の高さまで上げてから、指をこすりながら香炉に落とします。この所作を1~3回行います。宗派によって回数が異なりますが、前の人にならうと良いと思います。

葬儀で悩みやすい香典・受付・焼香の3つをご紹介しました。葬儀場で動きが分からなくなった場合は、とにかく他の人の真似をするというのが最善です。