葬儀の主流「家族葬」のメリット・デメリットについて

葬儀

「香典袋」の書き方のマナー

香典

葬儀の際に持参するお香典は、必ず香典袋に入れます。ここでは、香典袋の書き方について、基本的なマナーを紹介しましょう。

まず、香典袋の表書きですが、葬儀の宗教によって違ってきます。
仏式なら「御霊前」「御香典」「御香料」、神式なら「御玉串料」「御榊料」「御神前」、キリスト教でカトリックの場合は「御ミサ料」、プロテスタントだと「御花料」とするのが一般的です。ただし、宗教がわからない、あるいは無宗教の葬儀ということもあるでしょう。その場合は、「御霊前」とするのが無難で間違いがありません。

そして、水引をはさんでその下に自分の名前を書くわけですが、フルネームで書くのが丁寧なやり方です。連名にする場合は3人まで、それ以上の人数になる場合は「〇〇課一同」や「〇〇有志」というように書くといいでしょう。

香典袋には多くの場合、中袋が入っていますので、袋の裏に金額と住所氏名を書きます。住所は必ず郵便番号から、省略せずに丁寧に書きましょう。先方が後に「香典返し」を送る時のことを配慮してのことです。
たとえば、郵便番号を省略すると、先方が調べなければなりません。そういう手間をかけさせない配慮が必要なのです。中袋の無い場合は、香典袋の裏に書けば大丈夫です。

以上、葬儀の際の香典袋の書き方についてお話ししました。ぜひ参考になさってください。