葬儀の主流「家族葬」のメリット・デメリットについて

葬儀

家族葬のメリット・デメリット

近年では、家族葬が葬儀の主流になりつつあると言われています。皆さんの中にも、家族葬という言葉を1度や2度は見たり聞いたりした事があるのではないでしょうか?
しかし、家族葬というネーミングを見聞きする事はあっても、実際に「家族葬がどのようなものなのかよく分からない」と感じている方は多いと思います。
では、実際に家族葬とはどのような感じなのでしょうか?今回は、家族葬のメリットとデメリットなどを詳しくご紹介します。

家族葬とは

1990年代から少しずつ使われてきた造語の「家族葬」とは、身近な関係者のみで行う少人数の葬儀の事です。葬儀もライフスタイルの変化に合わせて、個人化の流れが強まっているため、最近では「家族葬」が増えてきています。
葬儀社の中には、家族葬の種類でもいくつかのプランがあります。例えば、通常の葬儀(火葬+お通夜+葬儀)の他に、「火葬のみや火葬と葬儀のみでお通夜はなし」といったプランもあります。また、少人数といっても家族のみで集まる場合もあれば、家族や親族、友人などが集まって葬儀を行う場合もあります。家族葬という名前だからといって、「家族しか集まれない、少人数でないと行なえない」というわけではありませんので安心してください。
故人や遺族の意向によって、家族葬の規模も異なると言えます。家族葬のイメージとしては、一般の葬儀の小規模版というような捉え方が分かりやすいかと思います。

家族葬のメリット

家族葬にも、メリットとデメリットがあります。まずは、家族葬のメリットについてご紹介します。

・葬儀費用を抑えることができる
一般的な葬儀とは異なり、家族葬は身近な家族や親族のみで行うことができます。そのため、高額な費用を負担する事なく、葬儀を行うことが可能です。

・精神的、身体的に負担が軽い
家族葬は、参列者が限られている場合がほとんどです。参列者への気遣いに追われることが少ないので、精神的、身体的に負担が軽くなります。

・手間がかかりません
一般の方へのおもてなしの必要がないので、手間がかかりません。その分、故人を偲ぶ時間をゆっくりと持つことができます。小規模の葬儀の場合、参加者の人数を把握しやすいので、返礼品や会食の事前手配が楽になります。

・故人らしさを演出できる
家族葬は、故人や遺族の意向を酌んだ演出が可能です。最期のお別れに、遺族や親族にとっても満足感が得られる葬儀になります。

家族葬のデメリット

次に、家族葬のデメリットをご紹介します。

・周囲の理解が得られにくい
家族葬は、家族や親族などの限られた人数で行う葬儀です。それゆえに、周囲に家族葬よりも一般の葬儀を強く希望する人がいた場合、参列者を限定した家族葬への理解が得られにくい場合があります。

・参列できなかった方の不満につながる
近親者のみの場合、参列できなかった方から「なぜ呼んでくれなかったのか?」などの不満を言われることがあります。また、参加を知らせなかった人が、葬儀後に弔問に訪れた場合の対応に追われる事もあります。

・一般葬儀より費用が高くなる場合も
家族葬は、参列者が少ないケースがほとんどですので、香典の収入に期待ができず、葬儀費用が高くなる場合があります。

家族葬を選択肢に…

いかがでしたか?ネーミングとメリットのイメージだけが先行しがちな家族葬ですが、デメリットももちろん存在します。
大切な方とのお別れは、突然訪れます。そして、生きとし生けるものは、そのお別れに対して避けて通ることができません。大切な方との最後の思い出に、家族葬という選択も加えてみてはいかがでしょうか?

葬儀を大阪で開くなら、葬儀会館Scene(シーン)にご相談ください。あらゆる葬儀プランの中から、予算や要望に合ったものを提案してくれます。親切丁寧に対応をしてくれるため、安心して葬儀を任せることができますよ。